ウェブ制作の基本であるHTML言語とCSS言語を覚えるには、精読は禁物です。これはどの言語を覚えるのにも言えることですが、短期間で一通り学習した方が効率的に覚えられるのです。それは記憶の持続と関係しています。前に記憶したことを覚えているのはせいぜい1か月間です。ですから書籍であれば1か月間で読み切ってしまいます。完璧に覚えられなくても構いませんから、とにかく騙されたと思ってこの方法を採用して下さい。勉強を始めた頃に並行してすべきことは、最終目標をきちんと掲げることです。つまりウェブサイトを独力で制作するという目標をきちんと認識することです。そしてそこまでの勉強プロセスを明確化した上で、より効率的な学習法を選択していきます。途中で間違っていたと判断した場合は、躊躇せずに別の学習法を試します。筆者が経験者として言えるのは、最初に手に取るHTML・CSS関連の書籍は、その1冊で簡易なサイトを作れてしまうようなものであるべきだということです。初心者向けの書籍の中には、中途半端な状態で別れを告げるものもあります。それが無駄とは言いませんが、最後に成功を経験した方が、次のレベルの勉強に向けて弾みがつくはずです。また、なるべく出版年の新しいものを選びましょう。ウェブ制作業界は日々技術が進化しており、過去の書籍で学んだことが役に立たないこともあり得ます。そのような事態を避けるためにも、新しい本を手に取るようにして下さい。