SEO対策という業界は、Googleの検索エンジンがインターネット上にあるたくさんのページをさまざまな方法で評価するようになったというアルゴリズムの変化に合わせて同様に進化してきていると言えるのではないでしょうか。Googleの検索エンジンが各ページを評価していく方法というのは、これまでにも何度か大きく変更されてきていると言えますが、基本的スタンスとしては、閲覧者に対して、より有益な情報を提供するページであることを大前提として考えられていると言えるでしょう。そのため、評価基準が変わることにより、SEO対策にも改良を加えなければならない必要性があるということがわかるでしょう。しかし、昔から変わらない点というのもSEOにはあるようで、基本的な部分である対策が「内部対策」、「外部対策」といった2つの大きな対策に分けられるという点がそれにあたると言えるでしょう。取り組みの順番としては、内部対策から始まり、外部対策へと移行していくのが一般的と言えるでしょう。内部対策というのは、検索エンジンからの高評価を受けられるよう、サイ卜内を最適化することと言え、具体的には「タイトル付け」、「見出しの書き方」、「記事へのキーワードの盛り込み方」といったところが主な対象と言えるでしょう。タイトル付けや見出しの書き方といった点は、SEOが始まった当初から評価基準として重要視されてきたようですが、近年では文章の内容といった細かな部分も評価対象にされていると言われています。一方、外部対策というのはメインサイ卜の他にサイトを作成し、そのサイ卜からメインサイトヘのリンクを貼ることにより、メインサイ卜の評価を上げていくという施策で、ブログなどを使って良いコンテンツのページを作り、上位表示を狙うページにリンクすることで、良い評価を得るというような対策が外部対策に当たるでしょう。SEO対策を行う際には、まず内部対策をしっかり取り組み、これ以上対策の使用がないと感じた時点で外部対策に取り組んでいくという姿勢が望ましいでしょう。