ホームページを持つためにはドメインを持たなくてはなりませんが、ドメインといってもさまざまな種類があります。ドメインは大きく分けると、gTDLドメインと、ccTLDドメインの2種類に分けられます。よく見かける「.com」や「.net」などのドメインは世界中の誰でも使えるgTDLドメインと呼ばれています。一方でcc TDLドメインは「.jp」など、最後がアルファベット2文字でカントリーコードを表します。例えば「.jp」は日本のコードとなっているので、日本に住んでいる人や会社などしか利用することができません。ccTDLドメインについては、「◯◯.jp」といった形でさまざまなパターンがあることに気づくかもしれません。好きな文字列を選ぶことができ、1組織でいくつものドメイン名を設定することができます。一方で属性JPドメインと呼ばれるものは、◯◯の部分を自分で選ぶことができません。例えば「co.jp」「or.jp」「ac.jp」「go.jp」「ed.jp」などのドメインを見たことがあるかもしれません。これは、「.jp」の前で、どんな組織や団体であるのかを示しています。「co.jp」は、日本にある企業を指しており、「or.jp」は法人組織(財団法人、社団法人など)、「ac.jp」は高等教育機関や学校法人、「go.jp」は日本にある政府機関や各省庁所管である研究所や独立行政法人、「ed.jp」は初等中等教育機関、18歳未満を対象としている教育機関(保育園、幼稚園、小学校など)であることを示しています。「ne.jp」の場合には、日本国内に住所を持っている個人や団体であれば、登録数に制限はありませんが、属性JPドメインの場合は、必ず1組織で1つの取得と決められていますので、注意が必要です。組織を設立する前であっても、半年前であれば仮登録でドメインを押さえておくこともできるそうです。