ホームページ制作を行うにあたって、コンテンツの要となる文章の「接続詞」に関するチェックポイントをみていきましょう。接続詞とは、皆さんもご存知の通り、文章と文章をつなぎ合わせるためのワンクッションでもあります。「そして」「しかし」「さらに」「だから」など文章と文章の関係性によって、それぞれのワードを使い分けをされていると思われますが、文章の書き手が接続詞の使い方を誤ってしまうと、文章の内容が正確に伝わらないこともありますので、文章の内容とともに「接続詞」の正しい使われ方をチェックすることも大切です。また接続詞が多い文章というものも、読み手にとってはコンテンツの内容が伝わりづらくなってしまうこともありますので、書き手としては接続詞が適材適所に使われている文章を目指しましょう。一般的に、ホームページなどで商品説明を行う際には、一文一文において簡素に内容が伝わる文章が、読み手にとっては伝わりやすい文章となると言われております。